ちょっと懐かしくて、ちょっと新しいニッポンの風景たち。心地よい青色で作る新しいニッポンのテキスタイル「青衣 あをごろも」メイド・イン・京都からはじめます。
by aogoromo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2018年 01月 25日

鴨(緑)

e0321916_14581519.jpg
京都鴨川に生息中の鴨たち。
鴨は万葉集の中にも風景の一部として詠われ、古来より私たちに親しみのある鳥です。
本来鴨の多くは渡り鳥ですが、京都の鴨はなぜか一年中ぷかぷか水面を泳いでいます。
これは季節による移動をしないカルガモ達です。
そのほかに緑色の首が特徴のマガモ(↑写真)、秋が深まるとやってくるオナガガモ、
冬に数多くみられるヒドリガモ、「目が金、体が黒、羽は白」が名前の由来のキンクロハジロ(↓写真)など、
鴨川は百万都市・京都のど真ん中を流れているにも関わらず一年を通して数多くの野鳥がやってきます。
ちなみに60年代の鴨川には、ほとんど鳥はおらず、川は汚く濁っていたそうです。
それを市民と行政の力で年々キレイにして、
数多くの野鳥が集まる自然の姿を取り戻し、
今では京都市民ほか京都を訪れる人々の憩いの場所となっています。
e0321916_15131013.jpg
ということで、
青衣の冬アイテムから鴨(緑)柄のご紹介です。
e0321916_20340568.jpg
鴨川にたぷたぶ優雅に浮かぶ鴨たちを
千鳥格子モチーフにアレンジしてます。
で、白い鴨たちに混じって、
ちょこちょこポイントで紺色の鴨が浮かぶテキスタイルです。
e0321916_20332973.jpg

e0321916_20341446.jpg

e0321916_20335321.jpg
まずはこちら。
「袖のリブがポイント。肩が落ちているので、ゆったり着れます」
「テキスタイルをたっぷりと使った、裾広がりのロングスカート。
ウェストはゴム仕様で、内側に調整紐が付いています」
でセットアップです。
e0321916_20342187.jpg
それから
「バッグの底を寝待月(十九日目の月)のかたちに見立てたトートバッグです」
「満月のかたちに見立てた持ち手付きポーチです」
「半月をかたどったポーチ。内側の生地がナイロンなので化粧ポーチにしても」

などなどございます。
まだまだ寒い日が続いておりますが、
青衣ほんわか冬のアイテムでちょっとぬくぬくいかがでしょ。

青衣/高橋








by aogoromo | 2018-01-25 14:50 | 商品のこと
2018年 01月 19日

布博 in 東京 と 布博 in 京都

お声がけいただき、おかげさまで3年目。
今年はこちらの
e0321916_18455128.jpg
布博 in 東京 vol.10
こちらの
e0321916_18454280.jpg
布博 in 京都 vol.5
の2会場に参加しちゃいます!
e0321916_18453160.jpg
東京会場は
2018年2月17日(土)〜2月18日(日)の2日間。
TRC東京流通センター
e0321916_18452050.jpg
京都会場は
2018年3月10日(土)〜3月11日(日)の2日間。
京都市勧業館みやこめっせ

と、
そう広いわけでもない『青衣 京都店」の店外、そして店内に、
それぞれのポスター貼ってます。

布博の公式サイトはこちらです。

それから
2018年2月で生誕5周年を迎える、布博。
これまで布博を支えてくださったみなさまへの感謝を込めて、豪華プレゼント企画を開催いたします!
ということで「布博5周年プレゼント企画」ページです。
もちろん「青衣 あをごろも」も参加しています。
e0321916_18451042.jpg
青衣 京都店では
布博 in 東京/布博 in 京都
それぞれのinvitationを配布中です。
お気軽にスタッフまでお声上げくださいませ。

青衣 高橋


by aogoromo | 2018-01-19 18:59 | イベントのこと
2018年 01月 03日

お正月飾り

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
e0321916_12121791.jpg
ということで、
京都店にもお正月飾りです。
掛蓬萊(かけほうらい)と呼ばれる
平安時代から伝わる京都の正月飾りで、
蓬萊山に登る龍をを表わす縁起物のお飾りです。
e0321916_12121156.jpg
日陰葛(ヒカゲノカズラ)と大麻(オオヌサ)を組み合わせて飾り窓につけました。
日陰葛は、茎を切ったあとも長期間鮮やかな緑色を保つことから、
古来より髪飾りや神事を司る人の襷(たすき)に使われています。
また長寿を祈るため掛蓬萊の長さが、長ければ長いほど上品とされるようです。
e0321916_12120575.jpg
で、日陰葛の先っちょに見えるのは、
青衣 京都店はじめての「福袋」でございます。
若干数ですが、まだ店頭在庫(1万円/5千円/3千円)がございますので、
この機会にぜひお買い求めくださいませ。
1月8日(月・祝)までの販売です。
e0321916_12115863.jpg
年明けの朝、2階の飾り窓から斜めに日が差し込み、
なんとな〜く清らかで美しい感じの店内。
澱みのない凛とした空気感が漂い、
わたくし、本当に清々しい気持ちになってしまいました。

ということで、
本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

青衣/高橋



by aogoromo | 2018-01-03 12:10 | その他