ちょっと懐かしくて、ちょっと新しいニッポンの風景たち。心地よい青色で作る新しいニッポンのテキスタイル「青衣 あをごろも」メイド・イン・京都からはじめます。
by aogoromo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:青衣 京都店 ( 8 ) タグの人気記事

2018年 01月 25日

鴨(緑)

e0321916_14581519.jpg
京都鴨川に生息中の鴨たち。
鴨は万葉集の中にも風景の一部として詠われ、古来より私たちに親しみのある鳥です。
本来鴨の多くは渡り鳥ですが、京都の鴨はなぜか一年中ぷかぷか水面を泳いでいます。
これは季節による移動をしないカルガモ達です。
そのほかに緑色の首が特徴のマガモ(↑写真)、秋が深まるとやってくるオナガガモ、
冬に数多くみられるヒドリガモ、「目が金、体が黒、羽は白」が名前の由来のキンクロハジロ(↓写真)など、
鴨川は百万都市・京都のど真ん中を流れているにも関わらず一年を通して数多くの野鳥がやってきます。
ちなみに60年代の鴨川には、ほとんど鳥はおらず、川は汚く濁っていたそうです。
それを市民と行政の力で年々キレイにして、
数多くの野鳥が集まる自然の姿を取り戻し、
今では京都市民ほか京都を訪れる人々の憩いの場所となっています。
e0321916_15131013.jpg
ということで、
青衣の冬アイテムから鴨(緑)柄のご紹介です。
e0321916_20340568.jpg
鴨川にたぷたぶ優雅に浮かぶ鴨たちを
千鳥格子モチーフにアレンジしてます。
で、白い鴨たちに混じって、
ちょこちょこポイントで紺色の鴨が浮かぶテキスタイルです。
e0321916_20332973.jpg

e0321916_20341446.jpg

e0321916_20335321.jpg
まずはこちら。
「袖のリブがポイント。肩が落ちているので、ゆったり着れます」
「テキスタイルをたっぷりと使った、裾広がりのロングスカート。
ウェストはゴム仕様で、内側に調整紐が付いています」
でセットアップです。
e0321916_20342187.jpg
それから
「バッグの底を寝待月(十九日目の月)のかたちに見立てたトートバッグです」
「満月のかたちに見立てた持ち手付きポーチです」
「半月をかたどったポーチ。内側の生地がナイロンなので化粧ポーチにしても」

などなどございます。
まだまだ寒い日が続いておりますが、
青衣ほんわか冬のアイテムでちょっとぬくぬくいかがでしょ。

青衣/高橋








by aogoromo | 2018-01-25 14:50 | 商品のこと
2018年 01月 03日

お正月飾り

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
e0321916_12121791.jpg
ということで、
京都店にもお正月飾りです。
掛蓬萊(かけほうらい)と呼ばれる
平安時代から伝わる京都の正月飾りで、
蓬萊山に登る龍をを表わす縁起物のお飾りです。
e0321916_12121156.jpg
日陰葛(ヒカゲノカズラ)と大麻(オオヌサ)を組み合わせて飾り窓につけました。
日陰葛は、茎を切ったあとも長期間鮮やかな緑色を保つことから、
古来より髪飾りや神事を司る人の襷(たすき)に使われています。
また長寿を祈るため掛蓬萊の長さが、長ければ長いほど上品とされるようです。
e0321916_12120575.jpg
で、日陰葛の先っちょに見えるのは、
青衣 京都店はじめての「福袋」でございます。
若干数ですが、まだ店頭在庫(1万円/5千円/3千円)がございますので、
この機会にぜひお買い求めくださいませ。
1月8日(月・祝)までの販売です。
e0321916_12115863.jpg
年明けの朝、2階の飾り窓から斜めに日が差し込み、
なんとな〜く清らかで美しい感じの店内。
澱みのない凛とした空気感が漂い、
わたくし、本当に清々しい気持ちになってしまいました。

ということで、
本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

青衣/高橋



by aogoromo | 2018-01-03 12:10 | その他
2017年 12月 26日

きつねの尻尾 と初詣

も〜 いくつ寝ると〜 お〜しょうがつ〜 ♪
ということで、今年も残すところあと6日、もうすぐ新しい年を迎えます。
青衣 京都店1Fに飾っているこちらのお札は、
ご近所の満足稲荷神社(まんぞくいなりじんじゃ)という
なんともお目出度い名前の稲荷神社さんのお札です。
名前の由来は豊臣秀吉公が御加護を受け、おおいに満足感を得たところから命名されたそうです。
e0321916_23322746.jpg
さて、
お正月といえば初詣。
初詣といえばお稲荷さん。
お稲荷さんといえばきつね…ですね(やや強引)。

満足稲荷神社さんの境内にも12体のきつねたちがおり、
ご本殿や舞殿、鳥居のヨコに鎮座し日々境内をお守してしているわけですが、
さて、こちらは青衣のきつねです。
柄の名前は「きつねの尻尾」。
一見しずく柄に見えたりしますが、実はこれ、ぜ〜んぶ「きつねの尻尾」なのです。
e0321916_23312612.jpg
e0321916_23314382.jpg
尻尾、尻尾、尻尾…が、ずっら〜と。
こちらは袖のリブがポイントの衿付き長袖ブラウス
オレンジ色の葉っぱがテキスタイルのアクセントになってます。
それから
e0321916_23321894.jpg
半月のかたちに見立ててにつくった半月ポーチ
e0321916_23321095.jpg
こちらは満月のかたちで、満月ポーチです。
また
e0321916_23313571.jpg
トップの幅を調整できるヘアバンド
それから
e0321916_23311693.jpg
満月のかたちに見立てた、まん丸な満月ポシェット
ショルダー紐は取り外しできるので、ポーチとしても使えます。
e0321916_23310827.jpg
バッグ底を満月のかたちに見立てた柔らかいワンハンドバッグ「満月底バッグ」などなど、
新年明けましては、お稲荷さんの使い「白狐(=きつね)」と一緒に、稲荷神社へ初詣にいかがでしょ。
e0321916_23315333.jpg
最後にこちら、可愛らしい2匹の白ギツネは、
満足稲荷神社さんで購入した「白ぎつねおみくじ」。
おみくじ付きの陶器の置物です。
なんでも神の使いとして狐が百年修行すると白ぎつねに格上げされるとか。
で、よ〜く見ると、左のきつねは巻物をくわえ、右のきつねは宝珠をくわえております。
ということで、
皆さま、よいお年を〜。
コンコン。

青衣/高橋



by aogoromo | 2017-12-26 09:13 | 商品のこと
2017年 12月 21日

メリークリスマス

きらきら星よ〜 きれいな星よ〜♪
(トゥインクル トゥインクル リールー スター〜♪)
みなさんご存知の「きらきら星」。
この曲、実は「モーツァルト」が作った『キラキラ星変奏曲』がもとになってできた曲だとか。
さて街はクリスマス。
こちらの星は、
e0321916_12180650.jpg
青衣 京都店のクリスマスツリー。
鴨やソックスやポーチ、ハンカチにシュシュが、オーナメントです。
e0321916_12175644.jpg
で、クリスマス期間中に青衣 京都店でお買い上げの方には、
もれなくクリスマスカード(森とムクドリ柄/クリスマスバージョン)をプレゼント。
e0321916_12173256.jpg
と、ギフトラッピング(とんびに油揚げ柄)も無料で承りいたします。
会計の際スタッフにお声がけくださいませ。
e0321916_12172419.jpg
e0321916_12174504.jpg
e0321916_12171396.jpg
こちらでお待ちしております。
ではではメリークリスマス。

青衣 あをごろも 京都店
605-0011 京都府京都市東山区七軒町19(東山三条西入ル)
電話:075-354-5223 FAX:075-354-5226
shop@aogoromo.jp
営業時間:午前11時~午後6時まで(不定休)

青衣/高橋









by aogoromo | 2017-12-21 12:16 | その他
2017年 12月 03日

とんびに油揚げ 琺瑯(ホーロー)看板つけました。

e0321916_21452139.jpg
青衣 京都店がオープンして早3ヶ月。
わたくし「看板……いる?」と思っておりましたが、
周囲から「何の店かもわからへんし、いるんちゃうん? いるやろー!
などの、やさしいアドバイスたちに耳を傾け、
このたび大変遅ればせながら看板を2枚つけました。
まずこちら、
とんびに油揚げ です。
e0321916_21451212.jpg
e0321916_21450465.jpg
ちょっとレトロな雰囲気、
琺瑯(ホーロー)製の看板となりました。
e0321916_21445524.jpg
看板設置にあわせショーウインドウも「とんびに油揚げ」です。
(ひつこいようですが)「とんびに油揚げ」づくし となっております。
三条通り側から見るとこんな感じです。
e0321916_21444585.jpg
で、東側の入口面に回ると…、
e0321916_21443406.jpg
e0321916_21442391.jpg
ここでようやく
青衣 あをごろも。
しっかり店名を入れました。
e0321916_21441213.jpg
暖簾(のれん)の「とんび」と、
いい感じのアクセントになってるかな。
e0321916_21440236.jpg
ということで皆さま、引き続きご贔屓に。

青衣/高橋







by aogoromo | 2017-12-03 21:22 | その他
2017年 11月 06日

Leaf 12月号「エディターズセレクション」

京都の月刊誌 Leaf 12月号「エディターズセレクション」にて、
青衣をセレクトしていただきました!
2017秋冬の新作も掲載されました。
どうぞよろしくお願いいたします。
605-0011 京都府京都市東山区七軒町19(東山三条西入ル)
電話:075-354-5223 FAX:075-354-5226
shop@aogoromo.jp
営業時間:午前11時~午後6時まで(不定休)

青衣/高橋





by aogoromo | 2017-11-06 17:34 | 掲載情報
2017年 11月 05日

秋冬ものができました。

青衣2017秋冬ものができました。
ウール生地に人気の4柄「とんびに油揚げ」「鴨」「きつねの尻尾」「森とムクドリ」が、
新しい色の組み合わせで、新しいアイテムとなって登場です。
袖リブがポイントの「長袖ブラウス」、
ロング丈でゆったりシルエットの「ロングスカート」、
満月ポーチに使いやすいストラップをプラスした「満月ポシェット」などなど、
新しい「青衣 あをごろも」2017の秋冬アイテムです。

e0321916_10520237.jpg
e0321916_10515273.jpg
e0321916_10514347.jpg
e0321916_10513044.jpg
e0321916_10504799.jpg
e0321916_10503219.jpg
e0321916_10502027.jpg
e0321916_10500814.jpg
e0321916_10495834.jpg
e0321916_10494726.jpg
e0321916_10493742.jpg
e0321916_10492667.jpg
e0321916_10491447.jpg
e0321916_10485568.jpg
e0321916_10484318.jpg
e0321916_10483052.jpg
e0321916_10473791.jpg


青衣 あをごろも 京都店
605-0011 京都府京都市東山区七軒町19(東山三条西入ル)
電話:075-354-5223 FAX:075-354-5226
shop@aogoromo.jp
営業時間:午前11時~午後6時まで(不定休)

青衣/高橋





by aogoromo | 2017-11-05 10:05 | 商品のこと
2017年 09月 05日

京都・東山三条西入ルにお店ができました。


e0321916_19155032.jpg


青衣 あをごろも 京都店
この度、ウイルビー株式会社と有限会社スリーミンが展開して参りました
テキスタイルブランド「青衣 あをごろも」が、初の路面店舗として、
京都・東山三条西入ル/本山要法寺の門前に
「青衣 あをごろも 京都店」を開店する運びとなりました。

「青衣 あをごろも 京都店」は、
《ちょっと懐かしくて、ちょっと新しいニッポンの風景たち》をテーマに、
インテリア小物からファッションアイテムまでを扱います。
心地よい素材と、心地よい青色で作る新しいニッポンのテキスタイル
「青衣 あをごろも 京都店」にご期待ください。

e0321916_18565563.jpg

e0321916_18570892.jpg

e0321916_18572197.jpg

e0321916_18573472.jpg

青衣 あをごろも 京都店
605-0011 京都府京都市東山区七軒町19(東山三条西入ル)
電話:075-354-5223 FAX:075-354-5226
shop@aogoromo.jp
営業時間:午前11時~午後6時まで(不定休)

e0321916_19094721.jpg





by aogoromo | 2017-09-05 19:10 | その他